人物撮影

一昨日はアパレル界で著名なK先生が撮影にきてくれました。

撮影の後にお酒までおごってもらって感謝感激でした。

Try&Error

正直、この日は撮影料の何倍も飲みの場で教えてもらったことに価値がありました。

酔うとすぐ忘れるので携帯でメモをとりながら話を聞いていたのですが、とても全てをメモしきれませんでした。

ただ、その中でメモをとる必要がないくらい印象深いものがいくつかあり、それが「トライ&エラーでいくと決めていれば失敗はあり得ない」という話。
やって、間違ってたら修正するのだからいつか必ず正解にたどり着くという話。

文字だけのロジックで言えば、お湯も冷やしていけば必ず冷水になる、くらい当たり前の話だけど、はっきりそう言われないとその事実に気が付かない。

スタジオを作って不安もありますが、この話を聞いてなんか大丈夫な気がしてきました。
「トライ&エラーでいけば」ですけど。