SEO対策

SEO対策として「自分のお店のことだけではなく、他人のお店も書くべき」と言われましたが、SEO対策とは関係なく他人のことを書いた方がブログは楽です。

というのも、仮にうちのスタジオを「豊島区 スタジオ」で上位にもってこようとしたとしても、日々の撮影の話の中に「豊島区」を入れるのは相当難しい。
豊島区で撮影があったなら豊島区と入れるのは簡単だけど、そんなことは滅多にないし、うちのスタジオで撮影したことを「豊島区のスタジオで撮影しました」と書いても変だし。

 

豊島区大塚のラーメン屋さんがミシュランで星を獲得

けど、これなら極めて自然。以下、こうなるでしょう。

「プロモートスタジオ巣鴨は、名前に巣鴨が入っていますが、実は巣鴨駅からは徒歩7分、大塚駅から徒歩9分と両駅の間に位置します。
さて、豊島区巣鴨駅の飲食店と言えば、昨年初めてラーメン屋さんとしてミシュランで1つ星を獲得した蔦さんが有名ですが、なんと、今年は豊島区大塚駅の近くにある鳴龍さんが1つ星を獲得しました」

うん、なんの抵抗もなく豊島区を書けます。
今後はそういう手法も普通に使えるようになりたいです。

 

「ラーメンの聖地 巣鴨・大塚」

そして、上記の話をSEO関係なく続けると、実際ミシュランで星を獲得したラーメン屋さんがこんな狭い範囲に2軒もあるってすごいですよね。

「ラーメン激戦区」とか言って、池袋とか新宿のエリアが取り上げられることは多いですが、今後はミシュランを盾に巣鴨・大塚のエリアこそが王道、みたいな流れを作ってこのエリア一帯が盛り上がっていってほしいと思います。

しかしそうは言っても、そういうマーケティング活動っていったい誰がやるんだろう。
結局テレビ局だったり雑誌がそういう流れを作らないとそういう流れは生まれないのかな。
黙っていても近いうちにメディアがそういう流れを作ってくれるのでしょうが、そんな受け身じゃなく、地域が主導権を握って一過性ではない基盤を作れたらいいなと思います。

今は忙しくて地域のためのマーケティングについて調べている余裕がないですが、年明けから楽になるので調べたいと思います。