Apple社での撮影

先日Facebook社で撮影したことを書いたら、会う人会う人「すごいね」と言われた。
やっぱりオシャレ大手企業で撮影したというのは一つの広告になるのだなと認識した次第です。

それで言えばApple社もオシャレ大手企業のひとつでしょう。
今日はスタジオで中小企業診断士の大先輩を撮影した後、そのApple社での撮影でした。

豊島区 巣鴨 広告写真 プロモートスタジオ巣鴨 apple

(今日はロゴもちゃんと撮れた)

Facebookは先日が初めての撮影だったけど、実はAppleとはだいぶ付き合いが長い。
はじめはiphone4の発表の時だったかな。

当時のAppleは新作発表の情報を漏れないようにしていて、けどこちらは仕事だしその日がiphoneの発表日だと知っている。
仕事をもらった先輩から「内容を外に漏らしたら東京湾に浮かぶから」と言われたのを今でも覚えてる。

その後、理由はよくわからないけど、新作発表の数日前にネットで普通に発表日がわかるようになって、昔のような厳重さはなくなった。

気は楽だけど「俺だけが知ってる」という優越感がなくなったのは少し残念でもある。

 

飲食店必見!「売上の上がる料理写真」とは vol.5

第5回目は、ラーメンに関する調査です。

が、調査に使った画像はクライアントの依頼で撮ったものなので、このブログでの公開はNGですm(_ _)m

ラーメンに関する画像は4択でした。
NO1.が普通のラーメン。NO.2が湯気を入れたラーメン。NO.3が、通称「持ち上げ」と呼ばれる、麺をお箸で持ち上げてる写真。
そして最後のNO.4が「持ち上げ」かつ湯気を入れたラーメンです。

その結果はどうだったのでしょう。

結果は以下です。

NO1.が8.6%。NO.2が36.2%。NO.3が12.1%。NO.4が43.1%、です。

ラーメンの「美味しい」「美味しくなさそう」を左右するのは湯気であったことが発覚しました。
(つまり「熱々であること」と言い換えていいのかな)

私もアシスタントをやっている時に「持ち上げ」をやったことがありますが、この「持ち上げ」、すごい大変。
あんなに苦労したのに「美味しそう!」には、ほっとんど影響してないことが発覚しました(笑)

今でも持ち上げの広告はガンガン見ますし、それらは「美味しそう!」と思わせることが目的でないものもありますので、良い悪いを言おうとは思いませんが、ひとつの事実として広告マン、カメラマンは知っておいていいのではないでしょうか。