松本圭佑選手

今年から担当している『ZENBI』の4月号が発刊されました。
※バックナンバーはこちら

今回撮影させていただいたのは松本圭佑選手。

元東洋太平洋フェザー級王者の松本好二さんを父に持ち、U-15ボクシング全国大会で小学5年生の時に初優勝。
その後、5連覇というサラブレッドっぷりです。

東京都 豊島区 巣鴨 士業専門 プロフィール写真 中小企業診断士 写真撮影 プロモートスタジオ巣鴨

 

「怪物」と呼ばれてテレビの取材なども殺到しているようですが、写真を見てわかる通りボクサーらしからぬ優しい笑顔を持った好青年です。
しかし、「小4の時にスパーリング大会で左ボディーを打ったら相手がうずくまったのが、本当に気持ち良かった」など、時々S発言も出ます(笑)

 

生の迫力

インタビュー後は、練習風景を撮影させてもらったのですが、これがすごい迫力。

と同時に、さっきまでの好青年がいきなり獰猛なプロボクサーに変身する様に驚きと興奮を持って撮影しました。

東京都 豊島区 巣鴨 士業専門 プロフィール写真 中小企業診断士 写真撮影 プロモートスタジオ巣鴨

 

2020年東京オリンピックの金メダル候補ですから、ボクシング素人の私でもそのパンチがどれくらいすごいのか、感覚で理解できました。

ボス!ボス!というサンドバッグの音を聞きながら、小4の時にボディから崩れたその子どもに同情を禁じ得ませんでした。

 

覚醒

そんな、松本選手も4月からは大学生。

今までは「打たれないこと」つまりディフェンス力を売りにしてきたようですが、今後は「攻め」のスタイルでいく、とのことでした。

今回の表紙に使ってもらった写真は、その優しさと厳しさの両方が残る時期(2018年1月に取材)に2つの感情を同時に記録できたと思っており、お気に入りです。

東京都 豊島区 巣鴨 士業専門 プロフィール写真 中小企業診断士 写真撮影 プロモートスタジオ巣鴨 ZENBI 松本佳祐選手

 

2020年に執筆者の柿本さんと一緒に応援に行きます、と話しました。

「金メダル取ったら泣いちゃいそう」と話したら「泣かせますよ」と仰っていました。

ハンカチ用意して待っています。

東京都 豊島区 巣鴨 士業専門 プロフィール写真 中小企業診断士 写真撮影 プロモートスタジオ巣鴨 ZENBI 松本佳祐選手